SEへの転職するために必要な資格は?

世に多く存在するIT企業で、おそらく最も活躍しているのがSE(システムエンジニア)でしょう。
ただ実際は、SEがプログラマ(PG)の仕事を兼ねていることも多く、この場合は詳細な仕様書かその前段階ぐらいから実際のプログラムコーディングまでをこなしてしまうことも多いようです。
こうした企業への採用を勝ち取るためには、基本となるプログラム知識、システム構築スキルはもちろんとして、実はかなりのレベルでコミュニケーション能力、読解能力も要求されます。
少なくとも、この二つの能力は実際の仕事現場において間違いなく必須と言えます。
この資格やシステム監査技術者資格などは、業務についたあとでも取得が推奨されることも多いので、出来れば事前に取っておきたいところです。
転職で給料アップする人ってどんな人?【同業種・実績・キャリアの要点】