FXのトレール注文のメリットとデメリットはなに?

トレール注文のメリットとデメリットを確認しておきましょう。
トレール注文では、ストップロスのための逆指値注文を置いておけるのはもちろんのこと、実勢の取引レートとほとんど同じ値幅間隔で、ストップ注文の指定レートを徐々に有利な方向へと自動的に追いかけていくというシステムになっています。
変動する相場の流れの中で、FXトレードの便利な注文方法の一つに、トレール注文というものがあります。
このトレール注文は別名トレイリング注文とも呼ばれ、よく使われている逆指値注文に値幅指定機能を追加したものです。
通常、FXの取引の中ではストップロスのための逆指値注文を置いておくのは定石ですよね。
「価格が下がったら売り・価格が上がったら買い」という価格を指定した売買が可能である逆指値注文をよく使われる方は多いと思いますが、トレール注文はこの逆指値注文の設定レートが固定的であるのに対して、流動的になっているものなのです。
つまり、逆指値注文を注文するときに、為替レートの値動きによって逆指値価格を引き上げたり、引き下げたりしてくれるのが、このトレール注文なのです。