幼児用の水比較ガイド

アルピナウォーターの水は、乳児用水に使っても大丈夫?

アルピナウォーターは、活性炭フィルターと3ミクロンのフィルターを通して、あらかじめ不純物をなくします。そしてその後でも1/1000ミクロンの超高密度の逆浸透膜と呼ばれるフィルターを通して、細菌やウィルスを除去しています。

 

乳児用の水には水道水の水やミネラルウォーターでも、あまりにもミネラルが豊富な水は適さないと言われます。その原因は乳児が過剰な栄養を取ってしまうと体に負担がかかり、特に乳児の腎臓に悪いと言われています。そして水道水には一応はきちんとろ過されていますが、乳児にとっては塩酸やダイオキシンが心配になり、いくら煮沸しても完全にろ過されている訳ではないので、やはり安心してミルクを与えるためにも乳児用水を使用したいと思うのが、一般的なお母さんの気持ちではないでしょうか?その点で言ってもアルピナウォーターは、調乳用や離乳食用にも非常に適している水で、面倒臭い煮沸消毒も一切しなくてもよく、元々ミルクに含まれているミネラルバランスを崩さないでミルクを作ることが出来るのです。

 

アナルピナウォーターは、アメリカ航空宇宙局(NASA)で開発されたROシステムを使って何重にもろ過して分子レベルにまで磨き上げています。そしてその硬度は何と1.05という超軟水で、その味も口の中でとろけるように広がって、とてもヘルシーでとても美味しい水です。さらには価格もお手頃価格で、無料宅配サービスや無料メインテナンスも行っていて、とてもリーズナブルで安心して飲むことが出来る最高の水なのです。