幼児用の水比較ガイド

ウォーターダイレクトの水は、乳児用水に使っても大丈夫?

ウォーターダイレクトの水は、硬度25度という軟水で、乳児用水として非常に適している水です。乳児のミルクを作るための水として安心して使用出来る他にも、離乳食にも安心して使用することが出来ます。さらにはお母さんが食べる料理にも使用して使うことで、母乳を与える時にも乳児に安全なものを与えることが出来るのです。

 

最近では水道水の水を乳児のミルクを作る時には使用しないお母さんが増えていて、さらにはミネラルウォーターでも硬度の高い硬水は乳児には適さない水として知られています。ミネラルウォーターでもあまりにも栄養が多い場合は、乳児に対しては腎臓に大きな負担を与えてしまい、危険な水になってしまうのです。

 

ウォーターダイレクトの水は、名水の採取地として知られる富士山麓で採水されているもので、富士山を形成する玄武岩層でろ過されながら、有用ミネラルを含んだ天然水を富士吉田の地下203メートルから汲み取って、自然の恵みと栄養分をそのままにする非加熱処理を行っています。飲料水は加熱処理を行う商品が多い中で、非加熱処理が出来るのは、原水が高水準の清浄度なことと、徹底した品質管理が行われていて、さらにはウォーターダイレクトが、最先端の設備を持っていることが証明されることになるのです。

 

このように、ウォーターダイレクトの水は非常に安心して飲める水で、特にデリケートでまだ体も出来ていない乳児にとっては、ミルクを作るのには最適な水であると言えるのです。