幼児用の水比較ガイド

乳児用水に、硬水を使っても大丈夫?

乳児に飲ませるミルクの水を、ミネラルウォーターで作るお母さんは現在では増えてきていると思います。おそらく以前はこんなにもミネラルウォーターが普通に手軽に購入出来る訳ではなかったために、昔は水道の水を沸騰させて乳児のミルクを作っていた人も多かったと思います。そして水道の水を使う場合は、お湯を煮沸して使っていたと思うのですが、最近ではそれだけでは乳児に飲ませるものとしては安全性を確保出来ないと言われていて、特に最近お水道水の水源である水の品質も以前より悪いために、近年ではミネラルウォーターを乳児のミルクの水に使用することが一般的になってきています。しかしミネラルウォーターであれば何でも良い訳ではなくて、ミネラルウォーターを使用する際には。必ずその硬度に注目して下さい。

 

水の硬度には軟水と硬水がありますが、このうち硬水は乳児のミルクを作るには適していないものです。硬水の水で乳児のミルクを作ることは、非常に危険なことなのです。これはミネラルウォーターには多くのミネラル成分のカルシウムやマグネシウムが含まれているのですが、軟水よりも硬水の方が含まれています。そもそも硬度というものは、カルシウムとマグネシウムの量で計算されて決まるので、単純にカルシウムとマグネシウムが基準値よりも多く含まれているものが硬水となるのです。硬水でミルクを作って乳児や赤ちゃんに飲ませると、ミネラルを過剰に摂取してしまい腎臓に負担がかかり、危険な状態になるということにつながるのです。したがって、乳児用の水には必ず軟水を使うようにして下さい。