乳児用の水比較ガイド

乳児用水に適しているのはどんな水?

水は軟水硬水に分かれていて、硬水とは硬度の高い水のことをいいます。硬水にはカルシウムやイオンやマグネシュウムが多量に含まれています。そして、乳児用水に適している水は、硬度の低い軟水を飲むのが良いとされています。

 

硬水にはミネラルがたくさん含まれているために、腸を刺激する働きがあって、大人で便秘で悩んでいる人にとっては非常にお勧めなのですが、乳幼児に硬水となると、胃や腸などの体の内臓が未熟なために、下痢を起こしてしまいよくありません。ミネラルウォーターに多く含まれているマグネシウムが、下剤と同じような働きをしてしまうのです。そして新生児に飲ませるミルクを硬度の高い硬水で作ってしまうと、メーカーの奨励値を大幅に上回るミネラルイオンが体の中に取り込まれてしまって非常に危険です。そして、日本で作られたミネラルウォーターとは異なって、外国からのミネラルウォーターのほとんどは除菌がされていないために、微量ですが細菌が含まれていることがあるのです。そのために乳児にはなるべく煮沸した純水を与えるように気をつけなければいけません。

 

そして直接乳児に与える水でなくても、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時のお腹の中の羊水や、そして赤ちゃんが飲む母乳も、お母さんの健康状態やお母さんが飲んでいる水でも赤ちゃんに悪影響を与えてしまうので、お母さんも普段摂取する水には気をつけなければいけないのです。

 

このように子供を育てる時には細心の注意を払って行わなければいけないのです。

 

 

 


乳児用水は水道水じゃダメ?

乳児の食事といえばミルクですが、ミルクをそのまま水道水で作ることは危険であるといえるでしょう。その理由は、殺菌の目的で使われている塩素が人間の体に悪影響を及ぼす恐れがあるからなのです。

 

そもそも水道水というものは、浄水場などから水道管を通って私達の家まで届けられています。家庭用の水は塩素を入れることで浄化されて、人間が利用出来るようになったものなのです。

 

水道水から流れている水は、海水や河川水や地下水なのですが、そこには生活排水や工場から出た排水も流れてきているために、そのままで飲むということにはとても危険を持つのです。

 

そういう訳で、水道水として利用する時には、浄水場などで浄化と殺菌などの多くの過程を得なければいけません。そして、浄化や殺菌に使われている塩素が水道水の残留塩素となって、その独特な臭いをさせたり、トリハロメタンなどの発がん性物質を生成してしまうと指摘もされています。そしてトリハロメタンは中枢神経や臓器に大きな悪影響を与えたり、流産を引き起こす可能性もあると言われています。浄水の過程では残留塩素が少なくなるようには注意はしていますが、年々水質が悪化していっているために、塩素を入れる量も多くなっていて、それに伴って残留塩素も増えているというのが実際のところなのです。従って、水道水でミルクを作るという行為は危険性を伴うことになり、免疫力のない乳児にとってはとても危険なことであると言えるのです。どうしても水道水でミルクを作らなければいけない場合には、念入りに煮沸するように心掛けましょう。

 

 


おすすめ乳児用水のサイト

ウォーターサーバー比較ランキング!電気代安い?【赤ちゃんは?】
安全でおいしい水を飲みたいという方におすすめのウォーターサーバーを比較して紹介してくれているサイトです。乳児用の水としても安心のウォーターサーバー選びならここで。
www.waterserver-ninki-ranking.com/